昔ばなし。なぜ教育者になったのか

こんにちは!

今回は昔話をかきますね!

高校時代の恩師の話です。

埼玉県の私立高校の話です。
その高校はある意味とても有名な高校でした。
偏差値の低い高校・不良の高校など様々な言い方をされている高校に入学しました。

本当に危なそうな人もいました。( ´∀` )
先輩方は本当に怖かったですね。
いまでも忘れません…


恩師は私の担任でした。
とても気さくな先生でした。しかし,私含め友人たちは正直「先生」という存在に、とても拒否反応を持っていました。

その高校は規則が厳しく、頭髪検査、制服、携帯まで持ち込み禁止でした。

大抵の先生は私たちのような生徒は正直関わりたくないし、相手もしたくないんですよ。先生をしている方なら絶対に思ったことはあると思います。


何度か高校時代に問題を起こしたとき
恩師は私たちを見捨てず「叱っってくれました。」「親、他の先生にも謝っている」ところ見かけました・・・


初めての経験でしたね。こんなに「叱ってくれる」先生がいた。「常に対等に話してくれる先生なんだ。」と思いました。人間を育ててくれる先生でした。
本当に感謝してます。
その先生の教えは今でも覚えています。それは

「潔く」そして「謙虚」な気持ちを持て。「素直に謝れ」言い訳はするな。大人が嫌いならそれでいい。その代わり「馬鹿な大人」になるな。「信念をもて」勉強しないと「死ぬまで辛い」ぞ。

ずーと言われ続けました。(笑)
私は高校2年生になる際に地方に転勤をしました。
初めてみんなの前で泣きました。先生も泣いてくれました。
この感動は本当に忘れないですね。

そして地方の高校に転入してから気持ちを切り変えて猛勉強しました。
そして私はある大学に入学することが出来ます。

今でも恩師とはお酒を飲みますし、昔いろんなことしてきた友人たちと年に4~5回以上あっています。

先生が指導してくれていたことを忘れず「夢をかなえています!」
消防士・自衛隊・警察官・不動産関係など様々な仕事についてます。


みんな更生し、親、周りの人に絶対に就けない」「お前じゃむり!」と言われていた職に就くことが出来ています。

本当に感謝です。

私自身もこの先生と出会っていなかったら教育者に、なっていなかったと思います。

めちゃめちゃ猛勉強しました!本当につらい大学時代を過ごしました。
本は何冊読んだかわかりません・・・多分100冊以上は軽く読んでますね・・・

そんなことがあり私はこの仕事をしています。

先日結婚式をした際は

恩師も来てくれて全員で号泣したのを覚えています。(笑)

ちなみに奥さんは学校の先生です。!(^^)!

皆さんはどうですか?
「勉強できない」理由を考えていますか?
「どうしたらいいのか」悩んでいますか?
「将来の事で否定」されていませんか?
時にはきび厳しいことを言われよう!!
そして分かちあえる先生・対等に話してくれる先生に出会いましょう。
勉強の前に礼儀を教えてくれる先生に出会おうな!
相談できる大人はすぐそこにいるかもしれません。



長くなりましたが見てくれてありがとうございます。










[PR]

by excelsiorkogakuin | 2018-06-01 15:03 | つぶやき | Comments(0)